MENU
サイクリング

春だから!? 豊郷までラーメン食べに行くかぁ?(20~25km程度)

冬の長い、そして過酷な地域に(しかもクルマを持たずに)住んでいると

冬場ってちょっとした「冬ごもり」になってしまいます。電車で行けるところはいいのですが、そうじゃないところは到達できない。

「あったかくなったら○○に行くぞ!」的な希望を持って春を待つことになったりして

そんな場所のひとつが、豊郷の「天下一品」。春になったので「天一食うぞ!」とばかりにお出かけです。

目指すは豊郷「天下一品」

のんびりのんびりサイクリングスタート!

暑いってほどではない、穏やかな晴れの1日。いろんな花が咲いていて、周囲を見ながらゆっくり走るのが楽しい

中山道沿いを豊郷に向かうと、彦根市の端っこにはこんなモニュメントが

豊郷小学校にも、ちょっとだけ

目的地に到着

自分たちがエリアで一番旨い天一! と信じてやまない「天下一品 豊郷店

 → オススメ! 滋賀の”麺“エリア一美味い!? 「天下一品 豊郷店」

公共交通機関ではたどり着きにくい場所にありますので、こういう季節とお天気の良い日に行くべしなのです

滋賀県のお店って基本「駐車場が広大」なので、自転車で行っても安心。隅っこに停めさせていただきまして、いざ店内へ。

「こってり」と「あっさり」と

天下一品で食べるべきは断然「こってり」!

そう長年信じ続けてきたのですが… 最近知ってしまったのです

「こってり」のカロリーは「あっさり」の2倍以上だったってことを…

なので、マネジャー雅はちょっと日和って「あっさり」。しかもミニサイズ

濃厚な醤油ラーメンという風情の「あっさり」も美味しいじゃない! そして… ミニを選んだのは…

どうしてもチャーハンが食べたかったんだもの! 半チャーハンを追加

やっぱりここの「天下一品」が好きだなぁと再確認するなど

「みちの駅せせらぎの里こうら」へ

お腹もいっぱいだし、そんなに走れてないし… ということで「みちの駅せせらぎの里こうら」さんに足を伸ばすことに

ちょうど今の時期は、田植え前。水田に水が入れられている最中だったりします

憧れの「水田に映る愛車」の写真もチャレンジしてみましたが… どうでしょうか?

目賀田城址

この辺りを走る時に立ち寄りたいのは「目賀田城址」。

なんと!? メカタ姓発祥の地なのです

城址が「目賀田」。地域が「目加田」。だから彦根には「目加田」さんがたくさんいらっしゃいます。

ちなみに「目賀田=メガタ」「目加田=メカダ」「目片=メカタ」と読むことが多いみたい。「目片」は石山の方にたくさんいらっしゃいます。

明智光秀についたので、散り散りに逃げたという話があり、その時に「石山に逃げた」人たちが「目片」になったとか… なんて話もあるみたい。

話は相当それましたが、城跡があるって、なんか嬉しいので何回も行ってしまうのです

目賀田城址公園
滋賀県愛知郡愛荘町目加田954-8

藤の見頃にはまだ少し先だった

さてさて、甲良といえば「」の名所。

まだ少し早かったようで残念でしたが、こういう季節のお花を求めてアチコチ遊びに行くのも楽しいもの。

藤堂高虎公の騎馬像にも立ち寄って、いつもの写真を撮影

みちの駅せせらぎの里こうら

みちの駅せせらぎの里こうらさんに立ち寄りまして…

暑かったのでソフトクリームなどオーダー。そんなに走ってないのに、なぜか疲れ切ったようにソフトクリームを食べております

こちらはクレープやソフトクリームもありますし、焼き立てピザも食べられる「道の駅」。

お近くにいかれた際には、ここで休憩なんてのもオススメです

 → 近江の食材を使った本格ピザとクレープが名物の「道の駅」【甲良・みちの駅せせらぎの里こうら】

 → 道の駅せせらぎの里こうらで本格焼き立てピザを「PIZZERIA UNO」

こんなふんわりサイクリングもいいよね

あまりテーマ性のないサイクリングだけど、こんなふわふわしたのもまた楽しい

なんとなく「ご飯食べるところ」とか、「立ち寄りたいところ」だけ、1~2箇所決めて、あとは出たとこ勝負でも十分楽しい。

きっちり決めて走るもよし、のんびり走るもよし

せっかくのいい時期、楽しく走りましょう!

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。