偏愛グッズ

眼鏡ユーザさんにとくにオススメ【バイザー付きヘルメット「VITT」】

実際に使ってたり、手にとったりして「これは推せる!」「絶対にオススメだ」と思うグッズを独断と偏見で

今回はOGK KABUTOさんのバイザー付きヘルメットVITT」を改めて推してみます

とにかく「眼鏡ユーザさん」にオススメしたい。当初からそこを推していますが、最近はオフィシャルでも「メガネさん向け」を打ち出してきたみたい。オフィシャルもススメる、眼鏡さん用ヘルメットなのです

OGK KABUTOさんの「VITT」

発売当初から推している「VITT

バイザー付きで、お値段控えめなのが魅力。

発売された当時は「バイザー付きで、このお値段!?」とビックリしたものです。

裏側はこんな感じ。

商品特徴は、なんといっても「バイザー付き」。

その他にはこんな部分も

重さはS/Mサイズで245g
コンパクト設計の小さめシルエット

確かにコンパクトだ

めちゃめちゃ軽くはないけど、「重い」というほどではないし、たしかにコンパクトで小さめ。

かぶったときの違和感も控えめなので、「いかついヘルメットはちょっと…」という方にもおすすめできそう。

バイザーをつけたら?

バイザーをつけてみるとこんな感じ。

眼鏡をかけていても、全然問題ありません

マグネットで装着するタイプなので、取外しもカンタン。

バイザーが不要な時はこんなふうに、バイザーを逆さまに装着して装着。これで邪魔になりません。

ちなみにコレは「カッコいい感じで」というオーダーで撮った1枚

このタイプのヘルメット、店主メカタは最初期から愛用していますが、バイザーを落としたとか、失くしたってこともありません

割にしっかりくっついてくれるのでご安心を。

別売りのバイザーも使って

付属のバイザーはちょっと歪みなども気になります。

そんな方には、別売のバイザーをどうぞ。クリア調光や、ミラータイプ、カラーモデルなどさまざまラインナップされています

created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥7,508
(2022/06/26 21:05:54時点 Amazon調べ-詳細)

別売があるってことは、万が一失くしたり、割ったり、傷つけたりした時も安心ってことで、その点でも嬉しかったりもしますね。

やっぱりメガネさんにオススメ

メガネさんのサングラス選び。これはもうはるか昔からの悩みのタネでした。

近視に遠視と、最近は老眼も入ってきた店主メカタ。度入りサングラスをつくるのは大変だし、お店に入る時にどうするの? なんて問題もあります。

「サングラスも必要だから」と、コンタクトをしていた時代もあるのですが、コンタクトとは相性が悪いのか「快適」とは程遠く…

そんなメガネユーザさんのサングラス問題を華麗に解決してくれるのが、バイザー付きヘルメットだったのです

メガネユーザーさんへの福音だ

「バイザー=サングラス」ではありませんし、街乗り自転車の時にかぶるのは、ちょっと大仰なデザインでもありますので

愛車の種類によっては、「ちょっと似合わない」と思うかもしれません

またバイザーが「ヒーロー物に出てくる地球防衛隊みたい」なんて声もあります。そこが「カッコいい」と思う方なら、この「VITT」すごくオススメです

微調整もできます

メガネを装着したままでも、バイザー利用はOK

なのですが、顔やメガネのカタチ的に干渉しちゃうって方にいらっしゃるはず。

そんなあなたのために「スペーサー」も別売されていますので、このスペーサーで微調整して、快適なメガネライドをお楽しみください。

created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥854
(2022/06/26 14:36:11時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもオススメ

ちなみに「もうちょっと穏やかな見た目」をご希望の方には、この辺りなんていかがでしょう?

created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥5,205
(2022/06/26 14:36:11時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Bern
¥20,900
(2022/06/27 06:45:11時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。