MENU
愛車紹介(お客様)

【 愛車紹介 0306 】 泥よけをつけたら、さらに毎日乗りたい愛車完成「Tokyobike26」

お客様の愛車をご紹介する「お客様の愛車紹介」vol.0306

今回は街乗りが楽しいTokyobikeの「Tokyobike26」のご紹介

愛車紹介 vol.0306 Tokyobike「Tokyobike26」

東京の街を楽しく走るための自転車「Tokyobike」。もちろん彦根の街だって楽しく走ってくれます。

ニュアンスの話になってしまうのですが、スッとスタートして、ぐんぐん走ってくれる… というのか。とにかく軽快で、気持ちよく走れる1台。

いろんなモデルがありますが、男女問わず人気なのはシンプルな見た目もカッコいい「Tokyobike26

TOKYOBIKE26
シンプルで普段使いしやすく、走って気持ちいい相棒がほしいなら「TOKYOBIKE26」シンプルで普段使いしやすく、走って気持ちいい自転車 そんな自転車がほしいなら「TOKYOBIKE26」がひとつのベストアンサーかも...

細身のフレーム、ロゴなどは最小限のシンプルなデザイン。

カラフルな車体にシルバーのパーツを組み合わせて、グリップとサドルにブラウンを。

今風にもレトロな感じにもなるし、かっこいいイメージにもかわいい雰囲気にもなる。男性にも女性にも人気なのがうなずける1台。

そして乗ると… ものすごく乗りやすい! っていう。店頭にはいつでも置いてますので、「まぁいいから一度乗ってみてください」と強くオススメしたい自転車なのです

街乗りにぴったりの自転車だから

そんな自転車だから「気軽にアチコチ走りたい」って方にはとくに人気。

いろいろ乗り比べて「これだ!」って方もありますし、「見た目が好き~」って人もいらっしゃいますが

総じて「とにかく楽しい」「走ってて気持ちいい」って感想が多いのも「Tokyobike26」の特徴かもしれません

もっともっと街乗り仕様に

もっと街乗り仕様にしたい場合は、フェンダー(泥除け)やカゴの装着もオススメ

とくにフェンダーは、オフィシャルのものがありますので自然に愛車に寄り添ってくれます

オフィシャルのフェンダーが用意されているブランド・メーカの自転車は、フェンダーを取り付けてより乗りやすくするのもいいんじゃないでしょうか?

こちらの愛車もシルバーのフェンダーを装着。雨や雪の多い彦根界隈でも気にせず走れるようにしています

自転車のフェンダー(泥除け)って必要?
自転車にフェンダー(泥除け)って必要? スポーツ自転車にフェンダーがないワケは?自転車のフェンダー(泥除け)って必要? ってお話。 「フェンダー」って必要? シティサイクル(ママチャリ)にはほぼ100%つ...
愛車にフェンダーをつけよう
フェンダー付き自転車を買うか? 買った自転車に付けるか? それが問題だスポーツ自転車のフェンダー(泥除け)の話の続き。前の話は下記からどうぞ。 http://jitensyazamurai.com/d...

何色がお好き?

「Tokyobike26」2022年1月現在、6色で展開しています。

どのカラーもきれいなので、「Tokyobike26にしよう」と決めてからでもカラーでうんうん悩む方も多い印象

全体的な人気としてはともかく、侍サイクルでは写真のグリーンがすごく人気だったりします。男性も女性もこのお色がお好きみたい。もちろん他のお色もよく選ばれて入るのですが、このカラーが一番。

【 愛車紹介 0305 】折りたたみ自転車にカゴを付けて通勤仕様に Tern「Verge N8」お客様の愛車をご紹介する「お客様の愛車紹介」vol.0305。 今回は折りたたみ自転車、Ternの「Verge N8」のご紹介 ...
【 愛車紹介 0302 】Tern「VergeP10」
【 愛車紹介 0304 】理想を求めて、好みの仕様に変身 Tern「Verge P10」お客様の愛車をご紹介する「お客様の愛車紹介」vol.0304。 今回は折りたたみ自転車、Ternの「Verge P10」のご紹介で...
ABOUT ME
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。「旅と冒険と遊び」をテーマに、できるだけ体験していただけるような「体験型自転車店」を目指します。生活の中に自転車を。荷物を運んだり、楽しく走ったり。そんな自転車をご用意しています 自転車の楽しみ方はひとつじゃない。いろんな「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる…】自転車店に不満がある方こそお越しください まずは「しっかりお話をお聞きしたい」。ゆっくりお話をして、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるようにサポートします。