自転車選び・探し

2019年モデルの自転車はお早めに! すでに品薄傾向、早くも完売の車種、カラー、サイズも出てます

2019年自転車動向

自転車は2019年シーズン真っ盛り(2019年シーズン=2018年夏・秋~2019年夏前まで)

今シーズンは自転車の売り切れが早そう2019年春~夏だと、もうご希望の自転車が選べないかもしれません

来春~来夏に購入を考えている方は、寒い間に購入されるのをオススメします。

初心者さん向けのクロスバイクや、街乗りに向いたMTBなど、「ライフスタイルバイク」もすでに品薄になりかかってますのでご注意を!

まだ2018年なのに、もう2019年モデルが品薄!?

自転車の需要が高まるのは春先。続いて秋。夏もそこそこ。だから春~秋が自転車のハイシーズンといえます。

だから、自転車は一般的に秋がモデルチェンジ時期。秋に年度モデルが発表、販売開始されます。

侍サイクル
侍サイクル
といいつつ、最近は少しずつ前倒しになり、夏、早いと夏前に新車が出たりもしていますが。。。

秋に一部の新車から発売を開始。晩秋にはほぼ出揃います。その後、冬、春、夏とその年度モデルを売り続け次の秋にまたモデルチェンジ。

ですから晩秋~冬は在庫も比較的豊富。晩春~夏頃には品薄になっていきます。

ただ、ここ数年は在庫がしっかりしていて、あまり「自転車が品薄になる」という感覚はなかったのですが…

侍サイクル
侍サイクル
この2019年シーズンはちょっと厳しそうです

いつもしっかり在庫を持っているメーカも

というのも、2018年12月現在でもうすでに売り切れている車種、サイズが増えてきているからです。

まだ2018年なのに、もう2019年モデルが売り切れ… おかしな世界ですが、まぁメーカの考え方なので仕方ありません。

今回ちょっと「ヤバイかな?」と思っているのは、例年結構しっかり在庫を持っているメーカも品薄・完売だから。そしてメジャー車種や、すごく売れる車種も品薄・完売だからです。

例年の品薄は、ちょっとマニアックな車種だったり、普段からあまり在庫を持たないメーカだったりしたので、ある程度は納得だったのですが、今年は!? という感じです。

買えないわけじゃないけど、選べないかも!?

だからといって、「なんでもかんでも売り切れ」「何も買えない」にはならないと思います。

が、数年前にありましたが。。。

ものすごく選択の余地が狭くなる」可能性

ちょうどいい価格帯のものはなくなっている」可能性

もあります。

だから来春~来夏に乗りたい方は、まだ選択肢の多い冬の間にぜひ決定&発注をお願いします

自転車業界の「完売」は

ここで説明しておかねばならないのは、自転車の「完売」についてです。

完売は「完売」。再販、再入荷はありません。その場合を「完売」と呼びます。次期入荷は2019年夏・秋以降になります。

「そのうち入ってくるでしょ」じゃないから、早めの確保をオススメしています。

店頭在庫になっているもがあれば手に入りますが、ちょうどいいサイズの欲しいものを探すのは大変です。

春になってから決めたい派の方は?

もちろん、寒い間に決めるなんて難しいとは思います。

じゃ、どうする? っていうと、春になってから決めるのももちろんアリです。

選択肢は少ないけど、「ない」わけじゃない

選択肢は確実に減ります。それはもう断言できます。

  • いい自転車があってもサイズがない
  • コレがほしいのに、ほしい色は売り切れ
  • 思っている値段だと選べない…

こういう悩みは出てきますが、でも何かしら妥協すれば選べます。だから少ない選択肢から選ぶのはアリです。

侍サイクル
侍サイクル
もちろん「サイズ」は妥協しちゃダメ。ここだけは死守してください。
[pz-linkcard-auto-replace url="http://jitensyazamurai.com/db/archives/2747"] [pz-linkcard-auto-replace url="http://jitensyazamurai.com/db/archives/10241"]

2020年モデルまで待つ

完売といったって、2020年シーズンがはじまれば同じような自転車が出てきます。

だから次の発売まで待つのも一つの考え方です。

ただ、発売はいつかわかりませんし、そもそも発売されるか? もわかりませんので、そこはご注意を。

デメリットはこんな感じです。

  • 春・夏に乗れない
  • ほしいモデル、カラーが継続されるかわからない
  • お値段がグッと高くなってしまう可能性もある
  • 少なくとも消費税値上げ分は高くなる

年度モデルの考え方がない・薄いメーカの自転車を買う

すべてのメーカが、年度モデルという考え方を採用しているわけではありません。

年度モデルをつくっていないメーカは、夏秋に新車を出しませんし、1年単位のスケジュールで動いているわけでもありませんので、今回の危険性とはあまり関係がありません。

こういうメーカの自転車を選択するのはひとつの解決策かもしれません。

でもやっぱり、寒いうちに…

まだ現在の段階で「自転車がほしい」と思っていない方はどうしようもないですが、「春になったら買う」と決めているなら、どうぞ前倒しで。

この冬は暖冬でもあるようですので、冬や早春にも自転車に乗れるかもしれません。

寒い時期の自転車も乙なもの。雪や雨はどうじようもありませんが、ただ寒いだけの地域なら、夏よりかえって快適という意見もあります。

早く動き始めて、あなたにピッタリの1台と出会ってくださいね。

ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。