メカタの激推し

日泉ケーブル、とくにスペシャルステンレスインナーはスゴイぞ!

日泉ケーブル

「日泉ケーブル」はいいぞ! という、ダイレクトなオススメです。

「日泉ケーブル」のカラー見本がやってきた

ニッセンケーブル 見本 ニッセンケーブル 見本2

まずは「日泉ケーブル」のカラー見本がやってきました! ってお話から。

ニッセンケーブルは、アウターが相当カラフル。

愛車にあわせて選びたい! でも色名だけじゃどんな色かわからない…… そんな心配がないように、この見本セット。

愛車といい感じにカラーコーディネートするためにご利用ください。

侍サイクル
侍サイクル
とってもカラフルで、見ているだけでワクワク。実際のカラーで愛車との相性をチェックしてみてくださいね

スペシャルステンレスインナーはスゴイ

ワイヤがカラフルでキレイ! っていうのも当然魅力ではあります。

が、それ以上に性能がすごい! んです。

とくに素晴らしいのがSP31・スペシャルステンレスインナー

もちろん、この2種類があります。

  • ブレーキ用(SHIMANO、カンパ、MTB)
  • シフト用(SHIMANO、カンパ)
侍サイクル
侍サイクル
侍サイクルは基本全部品揃えするようにしていますが、MTB用は発注してから手元に届くまで時間がかかるようですので、欲しい場合は早めの発注がオススメかも!?

SP31というネーミングは、細い31本のワイヤを撚ってあるから。

表面にはプラズマメッキコートがほどこされています

で、どうスゴイの? っていいますと、こんな3つのスゴイがあります。

  1. ワイヤの伸びが減る
  2. 滑らかで、しなやかな動き
  3. ブレーキングやシフティングが軽くなる
侍サイクル
侍サイクル
自身も愛車に使い始めましたので、実感を折り込みながら1つずつご説明します

1. ワイヤの伸びが減る

ワイヤの伸びが減る = 耐久性が高く、長寿命

高密度に撚られていますので、伸び率が少なく耐荷重にも優れているとのこと。

初期伸びを抑える加工もされているそう。

侍サイクル
侍サイクル
ここはまだ未検証というか、使い始めたばっかりなのでわかりません。今後要検証! 使っていくのが楽しみです

2. 滑らかで、しなやかな動き

滑らかで、しなやかな動き = 柔軟性が高い

従来のインナーケーブルが19本のワイヤを撚り合わせているのに対し、SP31は31本!

より細いワイヤを使っているので、柔軟性があります。

操作に合わせてしなやかに動いてくれますので、ハンドル操作などが軽くなります。

侍サイクル
侍サイクル
完車についていたワイヤと比べると、しなやかさがまったく違います! 元のワイヤもそんなにグレードが低いわけではないのですが、でも触ったり、曲げたりした感じが全然違ってびっくりします

3. ブレーキングやシフティングが軽くなる

ブレーキングやシフティングが軽くなる = 低摩擦なので引きが軽い

インナーケーブルの表面を真円に近づけるべく削ったうえ、特殊コーティングがされています。

つまり、従来製品よりもすべらか = 低摩擦ってこと。

はがれにくいコーティングを採用していますので、長期にわたって引きの軽さが続くんだとか。

さらに耐摩耗性にも優れていますので、ここにも長寿命の秘密が隠れているということになります。

侍サイクル
侍サイクル
完車についていたワイヤから交換したら、確かに引きが圧倒的に軽い。比較でしかありませんので、触ってもらってわかるってワケではありませんが、確かに「違い」はあります

ワイヤ交換のタイミングで日泉ケーブル採用はいかが?

わざわざワイヤ交換をするのはもったいないですが、定期的にある「ワイヤ交換」のタイミングに、日泉ケーブルの採用はいかが?

「差」自体は小さなものかもしれませんが、ハンドル操作も、ブレーキも、シフティングも、何度も発生するもの。

1回ずつの満足度や快適性がアップし、ストレスが軽減されるなら、乗り続けると大きな差になりそうです。

お店で注文するなら大丈夫ですが、ネットなどで買われる際はブレーキ用とシフト用、SHIMANO用とカンパ用… お間違えなく!

ABOUT ME
侍サイクル
侍サイクル
彦根の自転車店「侍サイクル」。自転車の楽しみ方はひとつじゃありません。いろんなカタチの「楽しく走る」「愛車と楽しむ」を全面的にバックアップします。 【なんか怖い、話を聞いてくれない、すぐに押し売りされる。。。 そんな従来の自転車店に不満がある方にこそ来ていただきたいです】 しっかりお話をお聞きしたいというのが、侍サイクルの希望です。ゆっくりお話、ご希望、ご要望をお聞きし、あなたに本当に必要なものを選びましょう。新車のご提案だけではなく、古い愛車を蘇らせたり、今の1台を大事に乗ったり。カスタムやメンテナンスを含め、もっともっと自転車が好きになれるように、サポートします。